継続的な二重を作る方法について

目がくっきりと大きく見え、メイク映えのする二重まぶたというのは、女性の憧れです。
そのため、一重まぶたの方や、本来、二重まぶたで、まぶたの脂肪、加齢や疲れによるたるみなどが原因となって、奥二重になってしまった方の間では、手軽に二重まぶたにすることができる化粧品やグッズなどが人気があります。
二重まぶたにする方法には、一時的に二重になる方法と、継続的に二重になれる方法の2種類があります。
一時的な方法で、最も有名なのがアイプチやアイテープです。
アイプチは、糊状になっている液体を二重まぶたの理想ラインとなる場所にラインに沿ってハケなどで塗った後、スティックなどでまぶたの皮膚を織り込ませ、二重を作るもので、アイテープは、もともとテープ状になっているアイプチのことです。
これらは、一般的なドラッグストアや化粧品店で、手頃な値段で購入でき、すぐに二重になることができるため、幅広い年代の方に人気があります。
そのため、化粧品メーカー各社で、バリエーション豊富な商品展開がされていますが、使い方によっては、まぶたの皮膚が伸びてしまったり、デリケートなまぶたの皮膚がかぶれてしまったり、アイプチに不慣れな方が使用することによって、本来の理想と違う場所に不自然なラインがついてしまったりというようなケースもあります。
一方で、継続的な二重を作る方法には、美容整形、マッサージなどがあります。
美容整形は、近年、二重まぶた形成の技術が発展したこともあり、数ある美容整形術の中では、比較的低額で手術を受けることができ、日帰りの手術が可能なため、女性の間でとても人気があります。
もう一つの方法であるマッサージは、面倒な手間や費用を一切かけることなく、できる方法です。
この方法は、まぶたのたるみが要因となって、一重や奥二重になっている方に効果があります。
目の上に、40度程度に温めた蒸しタオルを乗せ、5分間待ちます。その後、冷水に浸し、冷やしたタオルを目の上に1分間乗せるのを2回から3回繰り返し、今度は、目頭の上にある骨のくぼみを眉尻の方向まで順番に15秒ずつ押していけば、まぶたのむくみを簡単に解消することが出来ます。